加賀温泉郷はお菓子のふるさと

加賀市は百万石を誇った加賀藩の支藩・大聖寺藩十万石の昔から、茶道の盛んなところ。その伝統を受け継いで、現在では和菓子だけでなく、全国に観光用の土産物菓子を出荷する一大産地となっています。

その加賀温泉郷の一つ、霊峰白山をのぞむ柴山潟の周囲に位置する片山津温泉の地で、昭和16年の創業以来70年にわたって菓子を作り続けてきたのが、私たちの天河製菓です。


天河製菓(株)のこだわり

弊社は創業来「本当に美味しいお菓子でお客様を笑顔にしたい」という想いでお菓子を作り続けてきました。

その想いを実現するため「餡子には国産の小豆、牛乳にはジャージ種」といった原材料にこだわりをもち、創業来の製法を守り続けていおります。



天河製菓(株)の強み

弊社では従業員を家族と思い、みんなで良いものを作ろうという社風を築いてまいりました。お互いの信頼関係に裏付けられた連携力と機動力は弊社の強みであり、小ロット対応が可能です。継続的な取引を検討していただけるお客様については、初回は5ケース(1ケースは24個)からの注文も承っております。

商品によってはさらに小ロットの対応も可能ですので、是非一度ご相談ください。

 

お知らせ

2016年10月25日 ホームページをリニューアルしました。